【家屋】数年前に新築した住宅の固定資産税が急に高くなったのですが、どうしてですか?

最終更新日 2016年1月7日

ページID 002150

印刷

新築の住宅に対しては、固定資産税の軽減措置があり、一定の要件を満たすと、新たに課税されることとなった年度から、3階建以上の中高層耐火住宅等については5年度分(認定長期優良住宅は7年度分)、一般の住宅(上記以外の住宅)については3年度分(認定長期優良住宅は5年度分)に限り、税額が2分の1に軽減されます。

固定資産税が高くなったのは、この新築住宅に対する軽減措置の適用期間が終了したことにより、本来の税額に戻ったためです。

関連情報

情報発信元

総務政策課(住民税務室)

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8001
ファックス:0778-44-8080
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。