食育・地産地消の取り組み

最終更新日 2015年10月21日

ページID 001407

印刷

池田町では、農村に息づいているさまざまな力を生かした「食」を守りつなぐ活動を行っています。

食をつくる

安心安全な食べ物の生産と販売を通して、今の安心と未来の力づくりに取り組んでいます。

ゆうき・げんき正直農業 池田町独自の栽培ルールによる、化学肥料を使わずに土本来の豊かさを取り戻し農薬の使用を極力減らす工夫をこらした安心安全の野菜作りを進めています。
生命に優しい米づくり運動

池田町独自の栽培認証基準による、化学肥料や農薬の使用を極力抑え昔ながらの農業技術を活かした、食べる人はもちろんのこと作る人や田畑の生き物など、全ての生命に優しい農業を進めています。

町産マーケット「こっぽい屋」事業 「こっぽい屋」は福井市のベルの中にある池田町のアンテナショップです。ゆうき・げんき正直農業や生命に優しい米づくり運動で生産された野菜やお米の販売を担っています。

食を伝える

伝統的な食文化の継承や農村ならではの食体験を通して、地域のつながりづくりや命の学習に取り組んでいます。

いけだ食の文化祭事業

池田町の景色や食・文化など農村らしさと新しさを再発見する取り組みを支援しています。毎年秋には景色と食と文化を楽しむまちめぐりのイベントを行っています。
小中学校の食育事業

小中学校では池田町産米を100パーセント使用し、地元の野菜を取り入れた給食を実施しています。学校農園での米づくりや野菜作りを通して、地域交流を行っています。

給食センターと児童生徒の交流も盛んで、県学校給食コンテストではチームを組んで参加し平成24年、25年、27年度と最優秀賞に輝いています。

なかよしこども園の食育事業 冷凍食品を使わない手作り給食を実施しています。ほう葉飯づくりや餅つきなどの季節の行事を学ぶ体験や、野菜の栽培や魚さばき体験などを通して、食べ物への感謝の気持ちを育て好き嫌いをなくす取り組みを行っています。

食を守る

食をつくる環境を守り、豊かな自然を未来へとつないでいきます。

食Uターン事業 回収した生ごみをたい肥にして農業に生かす取り組みです。ボランティアで毎週3回、各家庭の生ごみ回収を行っています。
セイタカアワダチソウ駆除活動 ボランティアによる外来種であるセイタカアワダチソウ等を抜き取る駆除活動です。在来の生態系を守ることで日本古来の景観美を未来につないでいます。

関連情報

情報発信元

産業振興課(農林商工室)

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8005
ファックス:0778-44-6296
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。