住宅多世代化支援事業

最終更新日 2015年10月21日

ページID 001347

印刷

住宅多世代化支援事業とは

池田町の定住人口の安定を目指すため、新たに世代が増える、もしくは増える可能性がある2世代以上の家族が同居する住宅の新築・増築・改築・改修を行う場合、その経費を補助します。池田町独自の制度で、平成31年度まで実施します。

対象となる方

以下のすべてにあてはまる方です。

  1. 新たに世代が増える、もしくは増える可能性がある2世代以上の家族に属する方。
  2. 45歳以下の方。
  3. 池田町に住民票を有する方。または、有する見込みの方 。
  4. 申請者における尊属の同居予定者のいずれかが、池田町内に住民票を有する方。
  5. 既婚者、または結婚予定者で上記住宅に配偶者と同居予定である方。
    もしくは、中学生以下の子が上記住宅に同居する方。
  6. 上記住宅に、多世代家族と10年以上定住する方。

対象となる住宅

居住を目的とした自己所有の住宅であること(農舎、倉庫、事務所等は除く)

対象となる工種

住宅の新築・増築・改築・改修

具体例

嫁と子供を連れて親が住む池田町へのUターンをきっかけに、実家を改築。

補助額

工事費の30%(上限500万円)

その他

事前審査が必要になりますので、詳細につきましては、ご相談・お問い合わせください。

関連情報

関連ファイル

情報発信元

産業振興課2階 すみ家支援担当

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8005
ファックス:0778-44-6296
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。