町水道の漏水について

最終更新日 2015年10月21日

ページID 001360

印刷

町水道の漏水について

雪の中の水道管や地中に埋められた水道管などが破損し、思いもよらないうちに水道水が流れてしまうことがあります。

知らないうちに使用水量がかさみ、高額な水道料金になってしまうことがあるので注意が必要です。

急に蛇口の水量が少なくなったときは漏水かもしれません。メーターの数値を確認してみましょう。

漏水の確認方法

水道メーターを使って漏水があるかどうか確認することができます。

検針日にいつもより多い水量を使用していたときや、氷点下になった日などは確認してみましょう。

  1. 水道の蛇口を全部閉めてから、水道メーターの銀色のパイロットを見てください。
  2. パイロットが回っていると漏水しています。

 水道メーター

漏水がおきていた場合

漏水がおきていたときは、止水栓を止めて給水を一時中断し、町の指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

適切な使用にもかかわらず多大な漏水となってしまった場合など、やむを得ない漏水については料金の一部が減免される場合があります。

減免申請については、町の指定給水装置工事事業者による修理の証明と、漏水箇所の修理前と修理後の写真が必要です。

関連ファイル

情報発信元

産業振興課(農林商工室)

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8005
ファックス:0778-44-6296
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。