家屋を新築・増築・取り壊したとき

最終更新日 2015年10月21日

ページID 001067

印刷

家屋を新築または増築したとき

家屋を新築または増築したときは、完成した翌年度から固定資産税が課税(変更)されます。

そのため、家屋を新築または増築したときはご連絡をお願いします。家屋の評価額を算出するための家屋調査を実施いたします。
家屋調査の実施にあたり、先に下記の資料をご提供下さい。

  • 平面図・立面図・矩計図・仕様書・設計書(いずれも最終のもの)
    (全て揃わなくても構いませんが、資料により確認できないものにつきましては、職員の目視及び立会人様への聞き取りにより評価いたします。)

また、家屋調査は家屋の外部から内部までの調査となるため、建築主の方、またはそのご家族の方などの立ち会いをお願いします。

家屋調査は、家屋の完成後であれば随時行っています。家屋の内部までの調査となるため、入居される前など調査日時に希望がある場合には、お早めに総務政策課税務係 固定資産税担当へご連絡下さい。

家屋を取り壊したとき

家屋を全部もしくは一部取り壊したときは、「家屋滅失届」(こちらからダウンロード)の提出が必要です。場所等を確認しますので、必ず役場にお越しになって届出をお願いします。

家屋を取り壊したにもかかわらず「家屋滅失届」の提出がない場合、翌年度も課税されたままになりますのでご注意下さい。

前年中に家屋を取り壊し、届出が翌年1月1日以降になる場合は、あわせて解体業者が発行した解体証明書等もご提出下さい。

なお、登記されている家屋を取り壊したときは、法務局への「建物滅失登記」の手続きも行う必要があります。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

総務政策課(住民税務室)

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8001
ファックス:0778-44-8080
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。