軽自動車税の減免制度

最終更新日 2016年5月17日

ページID 001074

印刷

次の1から3のいずれかに該当する軽自動車等の軽自動車税は、期限までに申請することにより減免されます。

  1. 身体や精神に障害のある方(以下「身体障害者等」という。)、または身体障害者等と生計を一にする方もしくは介護者が身体障害者等のために使用するする軽自動車等
  2. 公益のために直接専用すると認められる軽自動車等
  3. 車両の構造が専ら身体障害者等の利用のためのものである軽自動車等(車いす移動車、入浴車など)

共通事項

申請方法

減免を申請する方は、納税通知書が届きましたら納期限までに、申請に必要な書類等を添えて減免申請書を役場総務政策課に提出して下さい。

申請期限

軽自動車税の納期限(5月末日)まで

注意事項

前年度に減免を受けた方も、毎年手続きが必要です。

申請期限を過ぎると、申請をお受けすることができませんのでご注意下さい。

身体または精神に障害がある方

減免の対象

4月1日現在身体もしくは精神に障害があり、一定の要件を満たす方が所有する軽自動車、またはその方と生計を共にする家族の方が所有する軽自動車で、当該身体障害者等の通院、通学等のために使用される場合、軽自動車税が減免の対象になります。

詳しくはこちらの減免を受けることができる範囲をご覧下さい。

ただし、減免の対象となる軽自動車等は1人につき1で、普通自動車税(県税)の減免を受けている方は対象になりません。

申請に必要なもの

  • 納税通知書
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または戦傷病者手帳
  • 運転免許証
  • 印鑑

減免を受けることができる障害の程度

   こちらの身体障害者等対象障害一覧表をご覧下さい。

マイナンバー(個人番号)について

減免申請書にマイナンバー(個人番号)の記載欄が新設されました。
12桁の個人番号を申請書の所定の記載欄に記載していただくとともに、申請時にマイナンバー法に定める本人確認(番号確認、身元確認及び代理権確認)を実施いたします。
以下の1または2の本人確認資料をそれぞれ1種類ずつ、申請時にご持参いただきますようお願いいたします。

1.本人が申請書を提出する場合

番号確認資料

(個人番号の確認)

身元確認資料

(番号が本人のものであることの確認)

個人番号カード(裏面)

通知カード

個人番号が記載された住民票 等

個人番号カード(表面)

運転免許証等、顔写真のある証明書 等

2.代理人が申請書を提出する場合
本人の番号確認資料 代理人の身元確認資料 代理権確認書類

本人の個人番号カード(裏面)

本人の通知カード

本人の住民票(個人番号が記載されたもの)

代理人の個人番号カード(表面)

代理人の運転免許証 等

委任状 等

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

総務政策課(住民税務室)

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8001
ファックス:0778-44-8080
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。