健康保険と医療費助成

最終更新日 2015年10月21日

ページID 001624

印刷

国民健康保険

社会保険、共済組合、国保組合等に加入しない75歳未満の人は、必ず国民健康保険に入らなければいけません(皆保険制度)。

会社を退職した、扶養から外れたといった場合は、速やかに届出をお願いします。

注意

しばらく病院にかからないからと届出をしなくても、社会保険等が切れた日の翌日から国民健康保険の被保険者となり、さかのぼって国民健康保険税を納めていただくことになります。

国民健康保険に関するリンク先

国民健康保険

後期高齢者医療

働いていてもいなくても、扶養に取られていてもいなくても、75歳からは社会保険や国民健康保険ではなく全員が「後期高齢者医療」の被保険者となります。

後期高齢者医療に関するリンク先

後期高齢者医療保険

医療費助成

中学生以下のお子様や、ひとり親世帯の方、寡婦の方、重度身体障害者の方は、医療費の助成を受けることができます。

病院にかかるときに、保険証と一緒に医療費助成の受給者証をお出しください。

医療費助成に関するリンク先

子ども医療費助成

母子・父子家庭医療費助成

障害者医療費助成

情報発信元

保健福祉課

〒910-2511 福井県今立郡池田町薮田5-3-1
電話番号:0778-44-8000
ファックス:0778-44-8009
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。