【マイナンバー】「通知カード」と「個人番号カード」の違いは何ですか?

最終更新日 2015年10月21日

ページID 002133

印刷

以下の点などに違いがあります。

個人番号カードを申請したい場合は、個人番号(マイナンバー)カードの申請のページをご参照ください。

通知カード 個人番号カード

全員に送付されたカード

通知カードの画像

カード表面に個人番号の記載

任意で申請してもらえるカード

個人番号カードの画像

カード裏面にマイナンバーの記載

有効期限 なし

(個人番号カードに替えるまで使用できる)

有効期限 発行から10回目の誕生日まで

(未成年者は5回目の誕生日まで)

(電子証明書の有効期限は5回目の誕生日まで)

発行手数料 初回0円(全員に送付される)

再発行500円

発行手数料 初回0円

再発行 1,000円

(カード800円+電子証明書200円)

本人確認書類とならない

個人番号が必要な手続きの際に「番号確認書類」となりますが、別途、運転免許証などの「本人確認書類」が必要となります。

本人確認書類として使える

  • 顔写真を付けるため、運転免許証のような「本人確認書類」として使えます。
  • 個人番号が必要な手続きの際は、これ1枚で「番号確認書類」兼「本人確認書類」となります。

自動交付機で各種証明書を発行できる機能を付けられる

印鑑登録証としての機能を付けられる
e-Taxを利用できる

関連情報

情報発信元

総務政策課(住民税務室)

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8001
ファックス:0778-44-8080
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。