【家屋】年の途中で家屋を取り壊したまたは建て替えた場合、固定資産税はどうなりますか?

最終更新日 2016年1月7日

ページID 002149

印刷

固定資産税は、毎年1月1日現在に家屋を所有している方に対して課税されます。

地方税法の規定により、賦課期日(毎年1月1日)現在、登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登録されている人に対し当該年度分の固定資産税を課税することになっているため、年の途中で取り壊した場合でも、その年度の固定資産税は全額課税されることとなります。

また、新築した家屋は、完成した翌年から課税されることとなります。

関連情報

情報発信元

総務政策課(住民税務室)

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8001
ファックス:0778-44-8080
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。