池田町生活応援事業

最終更新日 2016年1月25日

ページID 002223

印刷

池田町では「すみか しごと なかま」をテーマに、人口・定住、経済・雇用、教育・家族に重点を絞った地方創生政策「バックアップライフ戦略プラン」を実施しています。

池田町で住み、子育てをする上での不便・不満を解消するとともに、池田町の強みを生かして住みたくなる町にしていこうとするものです。

太字は、町独自の取り組みです。

なかま ~バックアップ ファミリー事業~

事業

概要

ようこそ赤ちゃん事業 初めて出産を迎える家族の準備費用として、1人目出産時に出産準備金20万円を現金で支給します。
ママがんばる手当 0歳から3歳までのお子様を持つお母さん等に育児手当として、「いけだ応援券」を月2万円分支給するとともに、お子様1人あたり月1万円を現金で支給します。
不妊治療費助成事業 特定不妊治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するため、治療にかかる経費を助成します。
妊婦健診無料化事業(母子手帳交付・妊婦健診・妊婦相談 県内前市町で行っている妊婦健診無料化事業に加え、池田町独自に、お母さんの産後1か月健診の助成も行っています。
未熟児養育医療給付事業 2000グラム以下で生まれた赤ちゃんや療養が必要となった赤ちゃんの医療費を給付します。子ども医療費助成との併用で医療機関での実質負担はなくなります。
子ども医療費助成 中学卒業までのすべてのお子様の医療費を助成します。助成により、医療にかかる実質の負担額は月500円となります。(入院時の自己負担額は月4000円)
乳幼児健診

お子様の定期健診の費用を助成します。県内全域で行っている、1か月・3か月・9か月・1歳半・3歳児健診の無料化の他、池田町では独自に1歳・2歳・2歳半・4歳・5歳の健診も無料で実施しています。

万が一、精密検査が必要になった場合は、精密検査受診券を交付しています。

予防接種無料化事業(子どもの予防接種 予防接種法で定められたお子様の予防接種の他、おたふくかぜやインフルエンザの自費予防接種を、池田町内の医療機関では無料で接種できます。
児童手当 0~中学3年生までのお子様を養育する方に支給されます。3歳未満は月1万5千円、3歳から小学校修了前の第1子・2子は月1万円、第3子以降は月1万5千円、小学校修了後から中学校終了後は1万円です。
児童扶養手当特別児童扶養手当 児童扶養手当はひとり親家庭への手当、特別児童扶養手当は障害のあるお子様を家庭で養育している方に支給されます。
保育料軽減事業(なかよしこども園の保育料(利用者負担額)について なかよしこども園の保育料は、国の定める保育料水準額の50%以内で定めています。また、第1子の年齢に関係なく、世帯の第2子は半額、第3子は無料です。
延長保育・預かり保育(池田町なかよしこども園の概要・保育内容 なかよしこども園では、午後7時までの延長保育を行っています。また、一時預かり保育も行っています。
ブックスタート事業ウッドファースト事業 生後6か月ごろの赤ちゃんに絵本2冊と図書館の通い袋として使える布バッグを、1歳になったお子さんに池田町オリジナルの木のおもちゃをプレゼントします。
子育て世帯エコカー購入支援 中学生以下のお子様がいる保護者がエコカー減税対象者を購入したとき、自動車税5年分に相当する額のいけだ応援券を支給します。
ママ・ファースト運動を推進しています 妊娠中のお母さんや就学前のお子様がいる保護者の方の優先診療や優先駐車スペースの整備など、地域ぐるみで子育てを見守り、応援する社会づくり運動を推進します。
入学支度金支給事業 町内に住むお子様の就学・進学時に必要な入学準備費用を支援します。小学校及び中学校入学時に5万円、高校進学時に10万円を支給します。
通学・通勤用定期券助成 町外の高校・短大・大学・専門学校等に、バスや電車を利用して通う生徒さんの定期券にかかる費用の90%を助成します。
学童保育(池田町児童館)放課後子ども教室 小学生のための学童保育、小学校の児童ならだれでも参加できる放課後子ども教室を行い、放課後の子どもの安全な居場所を確保しています。
特色ある池田の教育

こども園年少クラスから中学校まで、月2~4回、外国人の先生を招いて英語教育を行っています。小学校低学年では、1クラスに2人の先生がいるチームティーチングを行い、小中学校での補習授業を実施するなど少人数だからできるきめ細やかで快適な学習環境の充実を図っています。

読書活動の推進(池田町立図書館のご利用案内・開館カレンダー 町立図書館では、こども園では読み聞かせ会を、小学校へ図書の貸し出し、小中学校ではブックトークを開催しています。

通園バス・スクールバス運行(池田町なかよしこども園の概要・保育内容小中学校スクールバス

こども園では、保護者が送り迎えができない子どものための通園バスを、小中学校では、徒歩や自転車で通学できない児童・生徒の送迎を行うスクールバスを運行しています。
要(準)保護児童生徒援助制度について 経済的な理由などにより、就学が困難な児童の保護者に対し、学用品費などの必要な援助を行います。
健診事業の実施(健康診査を受けましょうがん検診を受けましょう 40歳未満の方で職場の健診がない方は、町内医療機関で生活習慣病予防健診を1500円で受けることができます。40歳以上の方でお勤めでない方は町が実施する集団健診または医療機関での個別健診を受けることができます。がん検診のご案内もしています。
障害者(児)への手当 在宅で生活している障害のある方に支給される手当があります。
障害者医療費助成 重度の障害をお持ちの方の医療費を助成します。
障害のある人への日常生活用具の給付 障害のある方が必要とする用具の購入や修理にかかる費用を補助します。
障害者のための住宅改造費の助成介護生活を支える住宅改修(介護保険による住宅改修助成) 自宅で生活する視覚、上下肢に重度な障害のある方、または介護が必要な方が自宅で生活するための住宅改修にかかる費用を助成します。住宅機能改善支援事業(高齢者等の住宅改修支援)の併用も可能です。
すこやか介護用品支給事業(紙おむつ購入助成) 在宅で生活されている介護が必要な方の紙おむつの費用を、介護度に応じて助成します。

すみか ~池田町住み家支援事業~

事業 概要
住宅多世代化支援事業 45歳以下の方が2世代以上の家族で同居するために、住宅の新築、増築、改築を行う場合、経費の30%(上限500万円)を補助します。新築等終了後、10年以上定住することが条件です。
住み家新築支援事業 45歳以下の方が家族で池田町に住むための住宅を新築する場合、その経費の30%(上限350万円)を補助します。建築後、10年以上定住することが条件です。
住宅機能改善支援事業(高齢者等の住宅改修支援) 70歳以上の高齢者や障害者、介護の必要な方及び家族が自宅に住みやすくするための住宅の改築・改修費用の30%(上限100万円)を補助します。介護生活を支える住宅改修(介護保険による住宅改修助成)障害者のための住宅改造費の助成との併用も可能です。
太陽光発電設備導入促進事業 住宅に太陽光発電設備を導入する場合、最大48000円の補助があります。
古民家等再生改修補助事業 町内の空き家を購入、改修するための改修費を補助します。補助額は改修費の30%(上限200万円)です。
木造住宅の耐震診断に対する補助制度木造住宅の耐震改修に対する補助制度 昭和56年以前に建築した木造住宅の耐震診断および補強プランの作成にかかる費用を補助します。また、その木造住宅を改修する場合、耐震改修費用の23%(上限110万円)を補助します。
町営住宅への入居 家族向け戸建、単身向け集合住宅、家族向け集合住宅の3種類の賃貸住宅があります。原則として40歳未満の方が対象です。

しごと ~顔の見える循環経済確率事業~

事業 概要
「いけだ応援券」事業 ママがんばる手当子育て世帯エコカー購入支援で、池田町内で使用できる商品券「いけだ応援券」を発行します。発行された年の翌年度末まで利用できます。
「ふくタク」支援事業(タクシー料金助成) 75歳以上の高齢者や、運転が制限されるような障害のある方、けがや病気などで一時的に運転のできない方が、町内のタクシーや介護タクシーを利用するときの運賃を補助します。
営業促進バックアップ事業 町内の事業者が新たな販路拡大のため、町外・県外での物販、商談、展示会等に参加するときの参加費を支援します。
地域資源活用商品開発支援事業 町内の事業者が、地域資源を活用した商品開発を行ったとき、対象経費の70%(上限35万円)を補助します。
UIターンチャレンジ起業支援事業 町内にU・Iターンして起業する方に、店舗の新築費用や新会社設立にかかる経費の30%(上限300万円)を補助します。
チャレンジ起業支援事業 町内事業者が、町内で観光振興等に関する事業を起業するとき、起業に要する経費の30%(上限300万円)を補助します。
ウェルカム・ニューフェイス事業 町内事業者が後継者を育成・確保するために新規に事業後継者を雇用した場合に、雇用経費の一部を補助します。
小規模事業経営者経営改善資金(マル経融資)利子補給事業 マル経融資により資金を借り入れた町内の事業者に対して、実質借入が0.1%となるよう利子補給金を交付し、経営の安定化を支援します。
青年就農給付金(準備型)・(経営開始型) 池田町で新規就農を目指す45歳以下の方に、年間150万円の給付金を最長5年間支給します。
町産マーケット「こっぽい屋」事業村のマルシェ事業

少量の農産物や山菜、加工品を直接消費者に販売する仕組みとして、福井市の「こっぽい屋」、こってコテいけだ前「村のマルシェ」があります。各団体への入会などの手続きが必要です。

情報発信元

池田町

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-6000
ファックス:0778-44-6296

受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。